Visualize

掃除機をかけているときに、往復する動きの中でついかけ忘れたり、「ここかけたかな?」とわからなくなってしまうことが開発者自身よくあります。

本Exampleでは、掃除機にiOS端末を固定することで掃除機をかけた場所を、カメラを通して空間上に軌跡として残すことで、そのような悩みを解決できるようにしました。

Technical Point

このExampleでは、掃除機をかけている最中には余計な手間が発生しないよう、 最低限の操作で済むようON/OFFボタンのみの設計としました(掃除中の誤操作が少ないよう、右下に小さく置いています)。

掃除機をつけている間に合わせてONにすることで、自動的に掃除機をかけた場所をマッピングしてくれます。

ARKitによる床の検出は途切れてしまったり、サイズが変わってしまったりするため、受け取った床の高さのみを使用しています。
今回は、床の高さに仮想のPlaneを作り、画面の中央位置と交差する場所に横幅の広い線をつなぐようにして床を塗りつぶすようにしました。

Contact

ARKitを用いたアプリ開発のご依頼・ご相談は下記フォームよりお問い合わせください。

(c) る株式会社